20060531

Freeport, Grand Bahama Island

クルーズで最初の寄港地Grand Bahama IslandのFreeport。ちゃんと旅行の計画を立てる方なら、オプショナルツアーとかを申し込むのでしょうが、やろうやろうとおもいつつ、結局なんの前知識もなく港に降り立つことになりました。



港には、石油タンクや積み上げたコンテナなどとてもリゾートとは思えない風景が展開されておったのですが、一人あたま$5の乗り合いタクシーでビーチに向かおうとすると、車が左側を走り、やっぱりアメリカじゃないと実感しました。Winn Dixie(というアメリカ南部のスーパーマーケット)があったり、学生が日本の中学生のようなカッターと黒いズボンの制服を着ていたり、面白い。面白い。



なかでも一番わけがわからなかったのがこれ。"International Bazaar"って書いてあるんですが、なんでまたこれをバハマに建てるのか。

乗り合いタクシーはなんの説明もないまま、ビーチ近くにあるらしいカジノの前に客を降ろすんですが、そのカジノはべつにビーチとは何の関係もなく、カジノのとなりのシェラトンホテルを突っ切って行けば、ビーチに出た。普通、宿泊客でなければホテルを突っ切ったりできないようにおもったのですが、どうも暗黙の了解みたいなのがあるらしく、突っ切っていいみたい。



で、たどり着いたのがこのビーチ。

20060529

Driving Southbound



アメリカ東海岸出航のクルーズ船の多くはフロリダから出ます。カリブ海に近いんだから、まぁ当然か。他の州から出るものもあるけれど、料金が高いし、あまりトロピカルでないところをクルーズしても面白くないので、じゃあ自力でI-95を南下して、フロリダまで行きましょう、ということになるわけです。

ノースカロライナのいま住んでいるところから、今回乗った船の出るケープ・カナベラル(ケネディ・スペースセンターがあることで有名)まで、片道600マイルあまり。9時間以上のドライブ。世の中には長距離ドライブが大好きな方もいらっしゃるのでしょうが、アメリカのインターステートのドライブなんか、人生の浪費でしかないようにおもえます。

大自然の絶景というほどではないけれど人っ子ひとり住んでいない湿地帯だか雑木林だかのなかを何時間も何時間もオートクルーズで走る。日本に住んでいるとき、首都圏から関西に里帰りするたびに、日本に静岡県がなければとおもったのですが、アメリカでも、サウスカロライナあたりはなくしてしまってもいいのではないでしょうか(笑)。

今回はしょうがないので、生き返りの途中、Savannahのホテルに泊まりました。あと、車中で退屈する子どものひまつぶしとして、Gamecubeのクルマ用電源アダプタを購入して車載DVDに接続したりしました。国際線フライトなみの待遇。でも、運転しているわたしは全然遊べませんし、途中、同居人に運転を代わってもらっているあいだは寝てました。

20060528

What to Wear on a Cruise?

クルーズに何を着ていくか(男性編)。女性の方は、日数分、ドレスを持っていってください。

わたしが行ったCarnival Cruiseは、ファミリーフレンドリー(=大衆的)という評判のクルーズラインなので、普通にカジュアルな服装でOKで、一晩だけある「フォーマル・ナイト」のディナーの時だけ、とりあえず背広を着ておけば良いという話を聞いていて、まぁそれでだいたい正しかった。

でもまぁ、せっかくのクルーズなんだから、男だって、ちょっとはちゃんとしたかっこうをした方が良かろうとおもって、冠婚葬祭用に持ってる礼服を持っていって、白いシャツにちょっと派手目のネクタイをしてフォーマル・ナイトの時に着たら、まぁまぁ雰囲気に合っていたようにおもう。

その他の日のディナーは、ポロシャツみたいなので良い感じだったけど、とりあえずコットンのジャケットを$30ほどで買って、ディナーのときだけ羽織っていった。下はチノパン。

ディナー以外は、リラックスしていれば良い。ただし、Tシャツとジーンズでクルーズのターミナルに行こうとしたら、係員に
これから旅行するのか?それとも乗組員か?
と聞かれたので、それなりにリゾートっぽいかっこうをした方がいいんじゃないでしょうか。

そんなわけで、今回はあえて写真なし(笑)。

20060527

Cruise with Kids



家族でクルーズに行ってきました。昨日の写真はバハマのパラダイス・アイランドのビーチで撮ったものです。選んだクルーズは、Carnivalという会社の、この日程のものです。これがわたしの初クルーズなので、他と比較することはできないんですが、この値段で食事込みなんですから悪くないとおもいます。とくに小さな子どもがいる家庭にはおすすめです。

これから何回かに分けて、クルーズで気がついたことをこのブログで書く予定です。本当ならば、ちゃんとまとめて書けばいいのですが、そんなことをしていたら、いつ発表できるかわからないので、とりあえず書けるところまで書いて、ばらばらと出してしまうことにします。まぁ、わたしが行ったクルーズだけの情報なので、他の会社のクルーズではたぶん全然状況が違うんでしょうが、いちおうご参考まで。

まず第一回は、子どものベッドについて。

私が乗った船の客室では、写真のように、二段ベッドのような寝台が壁から出現するようになってました。昼のあいだは、これを押し上げてたたむようになってます。大人でも眠ることができるくらいの大きさなので、1人はこれでOK。うちの9歳の長男はそこで寝ました。

でも、小学校低学年以下の子どもなら、いちおう手すりがあるとはいえ、寝台から落ちるんじゃないか心配ですよね?それに、こどもが2人いればどうなるのか?大丈夫。この写真ではよくわからないんですが、このはしごの下に低いアルミ製の枠にマットレスをのせた補助ベッドがもう一つ作られていて、うちの6歳の次男はそこで寝ました。落ちても30センチくらいの高さなので、ケガの心配はありません。

こどもが3人だったらどうなるのかはわかりませんが、もう一つくらい補助ベッドを作るスペースがありそうでした。あと、大人が寝るダブルベッドは十分に大きかったので、子どもが小さければ、大人2人と子ども1人で寝るということもできそうでした。

20060526

Optio W10 in Caribbean Sea



Optio W10をカリブ海につけてきました。というか、そのために買ったんですが。

スタパ斉藤さんがWPのレビューで書かれているのと同じく、W10も細かい不満はあるものの、いちどビーチで使えば、そういうのは全て許せますな。今年の夏、水辺に行かれる方すべてにおすすめします。

20060518

Nissan iPod Interface

このあいだPAC AAI-NIS2のことを書いたけど、ちょっと調べたら純正アクセサリでNissan iPod Interface (リンク先はPDF)というのがあるじゃないですか。

ビルトインのカーステのボタンでコントロールできるようになっていたり、さすが純正。でも、ここの値段をみると、$203.49。ディーラーでインストールしてもらうと、たぶん新しいiPodを買うのとおなじくらい掛かりますな。しゃあないけど。

あと、問題はDVDの音声をどうするかということ。見た限りiPodのDockコネクタがついてるだけで、一般的なミニプラグとかピンプラグのライン入力はできないみたい。Dockコネクタ(メス)----ステレオミニプラグの変換ケーブルがあればいいんだけれど、探しても探しても見つからない。これだけiPodが普及してるんだから、それくらいありそうなもんだが。

でも、こりずにもうちょっと調べてみたら、ありました!ワタシが探し求めていたものが!USA Spec PA11-NIS。これだ!iPodがカーステのボタンでコントロールできて、おまけにピンプラグのステレオライン入力つき。最強。

しかし落とし穴が。
Excludes Nissan Quest
なんとかならんか。

20060516

VAIO type U

あたらしいVAIO type U。うーん、日本のモバイルユーザーに売るためには、ここまでやらなきゃいけませんか。こうなるとマイクロソフトの"Origami"がなんかバカみたいに思えてきますな。高いので、わたしはただあこがれるだけでしょうが。

ついでにクリエも再開してくれたらいいのに。似たようなもんでしょう(違うか)。横1024ドットとまでは行かなくても、800ドット表示できれば、PDAのブラウザでもずいぶん使いやすくなるのになー。

20060513

8:44 PM



カメラはCyber-shot S40です(レタッチしてますが)。

Pumpkin Diary 3



かわりばえしませんが、いちおうまだ枯れてません。

20060512

When you love someone

なんでいまさらと言われるでしょうが、「冬のソナタ」を見終わりました。ストイックにも全く情報を遮断して見て、見終わってから、いろんな掲示板の書き込みを読んで、みんないろんな感じ方するんだなとおもった。

とりあえず、わたしがおもったことを書いておきます(若干ネタばれあり)。

●キム次長の三択問題はいい味を出してる
●いまの世代はやたらと純愛してるのに、父母の代は性の乱れがひどすぎる
●みんな泣き過ぎ
●みんなちゃんと仕事しろ
●なんでスキー場の工事を冬にやるんじゃい
●ミニョンさんはソウル大学のファン・ウソク教授のES細胞で生き返った…のかとおもったがそうではなかった
●精神科医に頼んだら、おれもアメリカ生まれと信じ込めるくらい英語がうまくなるんか
●なんといっても最大の疑問。ユジンさんはなんでパリへ?わからん

と、書いたけど、それでもきっちり全20話見たわたし。一番気に入ったセリフは、
本当に好きな時は理由なんてないんですよ。
です。

20060511

7:52 PM



愚息のScience Fair発表のあと、小学校の駐車場から撮った夕空です。

20060510

Nintendo Wii, PS3 & Xbox360

いよいよ姿が見えてきた次世代ゲームコンソール。わたしの心の中では任天堂Wiiの圧勝です。新コンソール用のゲームではWii Sportsくらいしか、子どもとマトモに勝負できそうなゲームがないから、というのが理由(笑)。

PlayStation 3はゲーム機としては異常に高いな。Blu-rayプレーヤーがついてくるから安いというけど、映画みるのはDVDで不自由してませんが?(1080p対応のテレビを買ったら、全面的に意見を変える予定です。笑)

Xbox360は、ワードとエクセルが動くようになったら、買うつもり。

PAC AAI-NIS2

いま乗っているNissan Quest(2004年型)というミニバンには外部入力端子がない。前のカローラだとカセットデッキがあったのでアダプターでiPodを接続できたが、それもできないので、FMトランスミッタで飛ばしている。ぼくはオーディオマニアじゃないけど、このFMトランスミッタで飛ばした音はかなり悪い。だいたい、QuestのFMチューナーの音はあまり良くない上に、ノイズが乗ったり、不満ありまくり。CDをそのまま掛けると、満足できる音が出るから、外部入力端子で直接つなぐことができたら、たぶん全て解決のはずなんだがなぁ。

と思って調べてみたら、どーもこのPAC AAI-NIS2というやつを(使っていない)サテライトラジオの端子に付ければいいらしいことがわかった。$100程度するが、ちゃんとサテライトラジオに見せかけて表示を出したりするらしいし、悪くないな。

問題は、インストール。ここにQuestへのインストールがかなりくわしく書いてあるんだけれど、がんばってコンソールのパネルをはずすことができたとしても、わたしの技術力(&根気)では、ちゃんと戻せないか、それなりに戻ってもなぜかネジが数本あまるか(笑)、若干出来上がりに問題が出るんではないかと思う。

うーん、業者に頼もうかなぁ。あるいはもう面倒だから、FMトランスミッタでがまんするか(またはこのQuestを同居人に押し付けて、あたらしいクルマを買うか。笑)

20060507

Road to BORDERS

ローリー日本語補習校から、Six Forks Rd.とWake Forest Rd.の交差点のところにある本屋さんBORDERSまで歩こう!BORDERSの裏まで10分ほどです。

1.Oxford Rd.のこの遊歩道の入り口から入ります。


2.こんな道です。自転車でもいいですね。


3.左手に橋が見えてくるのでそれを渡ります。この橋が最近できたみたい。


4.橋を渡って、分かれ道があるので、右に行きます。


5.緑が濃くて、いい木陰です。


6.小さな橋が見えてきます。


7.橋を渡ったところで、左に未舗装の小道があるのでそちらに行きます。


8.クルマのディーラー(Southern States Nissan?)の駐車場に出てきます。


9.駐車場を突っ切っていきます。


10.BORDERSの裏に出ました。おつかれさま。

Pumpkin Diary 2



一週間ではさすがにあまり変化はありません。きょうは雨。Optio W10の防水機能が少しは生かされた、かな?

20060505

Science Project



きょう、うちの上の子が、学校で発表する予定のサイエンスの実験をした。電池で豆電球をつける実験。

いっしょに発表するクラスメイトがうちに来ていたのだけれど、白人のアメリカ人と黒人のアフリカ人の男の子2人だったので、アジア人のうちの子を加えて、凄いインターナショナル感があった。

20060502

Green



望遠レンズの練習中。

最近の私のD60の設定は、サイズはミディアム(2048 x 1360)、JPEG圧縮率は中、彩度、コントラストは強め、ホワイトバランスはオート。ホワイトバランスはデイライト固定の方がいいかなぁ?

RAW現像も面白そうですが、大量撮影、レタッチなしの撮りっぱなしというのも、デジタル一眼の醍醐味ではないでしょうか。

20060501

Sigma 55-200mm F4-5.6 DC

父にもらったキヤノンD60を核にシステムを拡充したものか、それとも別メーカーに乗り換えるのか、まだ悩んでますが、子どもの遠足が今年は球技大会らしいと聞き、急に望遠レンズがほしくなり、シグマの55-200mmF4-5.6 DCというレンズを買った。

中古をeBayで送料込み$102.95。新品で買っても$150しないから、新品でもいいか、とか、キヤノン純正のEF 55-200mm F4.5-5.6 II USMにするか、とか、雑念が入ったけど、まぁ、$100でUVフィルタもフードも付いてるし(フードはキヤノンだと別売)、EFレンズよりもちょっと短くて愛用のケースLowepro Topload Zoom Miniにも入りそうだったし(ぴったり入りました)、とりあえずシグマにした。たぶん、「とりあえず」とかなんとか言いながら、このままずるずるキヤノン用の広角レンズを買ったり、キヤノン用のフラッシュを買ったりしていくような予感がします(笑)。



で、とりあえずの作例はきょうの夕方の雲。無限遠、しかも55mm側(笑)。