20060630

Water finds its own level

3ヶ月間出張に来ていたインド人が帰国するので、みんなでチャイニーズのバフェ(食べ放題の店)に行った。

とくに共通の話題もなく、マネージャーが、自分のうちに設置したミネラルウォーターの給水器のことについてしゃべって、インド人に、インドでは飲み水はどのようにして手に入れるのかと聞いた。

インド人はなんか勘違いしたらしく、インドでは水道は一日に2時間くらいしかこないというような話をした。うちのマネージャーは純粋にアメリカが世界で最高の国だと信じているので、それじゃ自分は絶対インドには住めないなといって、それじゃ洗濯とかもその2時間のあいだにしなければいけないのかとたずねた。

すると、インド人は、ちょっと戸惑った感じで、洗濯はメイドがするから、水道の時間は気にする必要はないのだと答えた。マネージャーは、メイドにいくら払っているのかとまた下世話なことを聞くと、月に$15という。隣に座っていた別のインド人は、おまえは$15も払っているのか、自分のところは$10だ、といった。

おれもメイドが欲しいとおもった(どんなメイド?笑)

20060628

We want Graffiti (NOT Graffiti 2)

PalmとXeroxの特許訴訟が和解したそうです。

いますぐGraffitiを復活させてくれー。Graffiti 2で"t"や"i"や"v"を入力するたびに怒りを覚えるPalmユーザーはまだまだ多いとおもうぞ。

[追加]
ふとWikipediaをしらべてみたら、(オリジナルの)Graffitiを簡単に復活させる方法があるそうで、ここのサイトに書いてある説明通りにやったら、ほんとうに復活した。たぶん有名な方法なんでしょうね。知らんかった。

あーやっぱりオリジナルGraffitiはいいなぁ。テンキーで自由に文章を入力できるいまの若者にバカにされるだろうけど、ぜひ携帯電話に搭載してもらいたいもんだ。

Portrait



上の子どもの音楽の発表会に行って、下の子が携帯で撮ってくれたぼくの写真。

携帯の写真はおもいっきり加工しても、罪悪感(笑)がない。べつにふつうのデジカメで撮った写真を加工しても悪くないはずだけど、ふつうのデジカメの写真だと、どうしてもナチュラルに仕上げなければならないような気がしてしまう。なんかの呪縛なのだろう。

20060627

Flat Tire



全長2cmほどの何かよくわからない金属片を踏んでしまい、クルマの後輪の空気が完全に抜けて、近くのタイヤ屋さんへ。どーせ、

「これはもう交換しなければダメ」

と言われるのだろうと思っていたら、

「大した傷みではないので修理できるよ」

ということになり、$20ほどで修理完了。良心的だった。

写真はそのタイヤ屋さんのなんとも質実剛健な待合室。

20060625

Rainy Day



午前中はいい天気でしたが、午後から雨になりました。

20060624

Pentax Optio W10 vs Motorola V325




携帯の写真とデジカメの写真でどの程度の差があるのか。ためしにやってみた。撮ったのはWalMart Supercenterの駐車場。

クリックすると携帯の原画と、オプティオW10の600万画素のイメージをPhotoshop ElementsでVGAに縮小したものがでます。

VGAだとまぁ違いがよくわかる(わからなきゃ困るけど)。クリックして拡大させなければ、携帯写真はブログで使う分には十分だとおもう。

Apple Store Crabtree Valley Mall



モールに入っているSearsに時計の電池交換しに行って、ついでにぶらぶらしていたら、Crabtree Valley Mallのアップルストア開店に遭遇!

30分並んで、記念Tシャツもゲット!やったね(意味もなく携帯で撮ってもらいました。笑)。

Motorola V325



携帯電話のバッテリーが弱ってきたので、電池交換しようと思ったら、えらい高いので、店の人に電話ごと換えたらとすすめられた。べつに電話自体に不満はなかったので、そのときはやめたが、きのうふと思い立って、新しくしてみた。

どうせなら、当然Bluetooth対応で、音楽も聴けて、とか、いろいろ野望があったが、店でいろんな機種をみているうちに、Bluetoothのヘッドセットつけても週に1、2回しか掛けないんだからしょうがないだろう、とか、テキストメッセージすらやらない自分のような人間にはシンプルなのがいいんじゃないかと思いなおし、カメラのついてる機種で最安のMotorola V325というのにした。いつもデジカメを持ち歩いているので、カメラもいらなかったが、せめてそれくらい変化があってもいいかとおもった。

このおもちゃのようなケータイカメラ、CMOS素子のくすんだ色合い、VGAの解像度、手ぶれとピンボケ連発、でも、とてもおもしろい。カシオQV-10ではじめてデジカメに触ったときのような純粋な喜びがある。

こうなると、撮った画像をPCにセーブしたい。幸い、電話にはミニUSBの接続端子(電源の端子を兼ねている)があるので、簡単にできるんじゃないの?と思ったが、ところがどっこい、そんなに簡単ではなかった。いろんなあやしげなソフトをインストールし、ハッカーまがいのことをしてやっとできたのだった。もし興味がある方がいらっしゃったら、ここあたりを見て自分でやってください。質問は受け付けません(笑)。

こんなことで苦しむくらいなら、mini SDカードに画像をセーブする機種にするべきだったかも。まぁ、ローエンドの機種でやるところにある種の美学があるが(ないか)。

写真はきのうの夕方、雨で(ちょっと)渋滞するDavis Drive。ケータイなのに横位置でわざと撮ってみました。

20060621

Miami Heat wins Championship

Miami Heat、NBA Championship獲得!めでたい、めでたい。正直なところ、もうあまりNBAのゲームは見ないのだけれど、昔から長くやってるAlonzo MourningとGary PaytonにはChampionship ringをあげたかったから、ハッピーエンドで良かったと思う。

いよいよMichael Jordan時代の選手がどんどん年を取ってきて、あたらしいジェネレーションがNBAを代表するようになってきた。それはそのまま自分が年を取ったということ。うーん。でも、Dwyane WadeやLeBron Jamesのプレイを見ると、おおげさだけれど、生きる気力と未来への希望を与えてもらえるような気がするのだ。

Pumpkin Diary 4



一ヶ月以上さぼってしまったPumpkin Diary。どうなっていたかというと、なんのことはない、ウサギだかシカだかが新芽を食べているらしいことを発見して、やる気がなくなって、水もやらずにほったらかしにしていたのでした。クルーズの連載も予想通りうやむやに終わってしまったし、われながら根気がないというかなんというか。

でも、きのう台所から庭をながめたら、黄色い花が咲いてました!

写真で花の下の部分にある葉っぱは雑草と化しているシソです。

20060619

The Cup goes to Carolina!

Carolina Hurricanes、NHL優勝!第5戦、第6戦のテレビ観戦で疲れ果てたけれど、最後まで見てて良かった!メジャーなプロスポーツでノースカロライナのチームが優勝するのは初めてらしい。やったね!

この勢いで、(ぼくが応援している)Miami HeatのNBA優勝、日本のワールドカップ一次予選突破!といきたいもんだ。

20060617

Maxtor 200GB 7200RPM ATA/133



デスクトップ(Dell Dimension 2400)の空きディスクが10GBを切り、いよいよ必要に迫られて、200GB追加した。ドライブとブラケットどちらもeBayで購入。あわせて$80ほど。いい時代になりましたな。

ブラケットは古いDellのマシンから取ってきたものらしいので、ぴったりマッチ。ネジを3本締め、ケーブルをつなげて、BIOS設定、ドライブ付属のユーティリティによる初期化で完了。トラブルなし。

3年前に40GBのマシン(Windows 98使用。笑)から、80GB付属のこのマシンに乗り換えたのだから、3年間で約40GB使ったということになる。このペースだと、200GB使い切るのはあと15年。3倍のペースで使っても5年間は大丈夫。

PC業界のためにも、こんなこといわずにWindows Vistaが出たらどんどん買い換えなきゃいけないんだろうけれど、新しいOSや新しいPCでなにするのかあまりイメージがわかないひとって多いんじゃないでしょうか。

Dreaming of Full HD

「フルスペックハイビジョン」についての小寺信良さんの意見、まったくその通りだとおもう。

ぼくの持ってる液晶プロジェクタエプソンPowerLite S3は800x600のSVGAだけど、それでも心は1920×1080にある。もしいま使っている環境がXGAの1024x768の解像度だったら、世の中が1920x1080になっても大して違いはないかとかおもって買い替えないとおもう。あえて800x600を使うことによって、1920x1080に備えているのである。

というか、フラットパネルはともかく、プロジェクタでデジカメで撮った静止画を見るんだったら、水平1000本以上の解像度が欲しいなぁ。映画だったら、普通のSDのテレビでもいいけど(プロジェクタを使っていちばん最近見た映画は「少林サッカー」。笑)

20060616

Coffee Stand



まえからすごく興味があったこの全米最小(?)コーヒーショップ。ついに今日行ってみました(といっても、ドライブスルーしかないんだけど)。

いちおう場所を書いておくと、CaryのKildare Farm Rd.のK-MartやFood Lionの入っているショッピングセンターです。

20060607

Inside Sensation



われわれが乗った船、Senstation号の船内吹き抜けです。

前回のエントリーから、写真をクリックすると大きめのイメージが表示されるようにしてみましたので、よろしくおねがいします。

劣悪なつぎはぎ写真ですが、それはそれで味があるのではないかと(なげやりな態度)。

20060605

Nassau



ナッソーにはアトランティスという凄いホテルがあると聞いていた。港について、ぐるっと見渡したら、ディズニーランドのアトラクションのような大げさな建物が遠くに一つ見えた。あれに違いないと思った。正解だった。

とりあえず、降りて街を少し歩いてみる。一応、いろいろなブランドの店が出ているのだが、ハワイのワイキキのような華やかさに欠ける。金持ちの日本人が来ないからだろうか。彦根銀座を歩いているようだ(ローカルネタです、すんません)。

それで、また一人$4の乗り合いタクシーでアトランティスに行ってみた。べつにブランド品を物色するわけではなく、ホテルがあるならビーチがあるだろう、どうもバハマでは泊り客でなくてもホテルのビーチで泳げるみたいし、どうせならアトランティスに行こうぜ、ということ。

アトランティスの入り口で降ろされて、とっても高級なホテル内のショッピング・モールを水着姿で歩いてビーチに行こうとしたが、行けども、行けども、ビーチにたどり着けず。恐るべし、アトランティス。



結局、ホテルを出て、横にパブリック・ビーチへのアクセス通路があって、そこを通って、ビーチに出た。そのアクセス通路は、松林を通って砂浜へ出るという、まるで日本の海岸のような風景。
♪松原 遠く 消ゆる所 白帆の影は 浮かぶ♪
と唄いながら(嘘)、カリブ海に出た。

帰りはまた乗り合いタクシーで船に戻る。途中でなぞの日本料理屋を発見したのでシャッターを押した(こんなのばっかし)。