20090120

Scroll using Touchpad

仕事でずっとThinkPadを使っているので、ノートブックPCのポインティングデバイスは、あの赤いポチであるところのトラックポイントにいちばん慣れ親しんでいて、仕事で使う場合は、トラックポイントしか考えられないのだけれど、世の中のノートブックはほとんどぜんぶタッチパッドだから、そろそろタッチパッドを使えるようにしようとおもって、Eee PC 1000HAで練習している。

ネットブックの中には、タッチパッドのボタンが左右に分かれてついているのもあるが、Eee PC 1000HAは、ふつうのノートブックと同じように、2つのボタンが手前に並べてあって場所的には使いやすいのだが、やたらとクリックが硬く、押そうという気にならない。

まぁ、そういう難点は買う前から知っていて、タッチパッドのジェスチャー機能をつかえばいいことがわかっていた。1000HAにはElantechという会社のドライバが入っていて、ほとんどタッチパッドのボタンをつかわずに済むようになっている。ドラッグ&ドロップはちょっと慣れが必要だったが、もうかなり習熟した。これで仕事をしようとはおもわないけど、ふつうに使うには十分。

唯一の問題がウィンドウのスクロール。これは、2本指でタッチパッドを上下になぞればできるようになっていて、実際、Internet Explorerではうまく動くのだが、常用しているFirefoxではうまくいかない。外付けマウスのホイールだとどちらでもうまくいく。

FirefoxにAdd-onを入れて、いろいろ調整したりするとうまくいくのかもしれんが、そういうことをやめるためにWindows XPのネットブックを買ったのだから、この際、IEを使おうかという気になってきている。

(附記 2008-01-21)

Elantechのドライバをアップデートすると直るというのを読んだので、アップデートしてみたら、うまく動いた。やったね!ややスクロールが速めなので、Firefoxでabout:configを出して、mousewheel.withnokey.sysnumlinesというのをfalseに設定したら、かなりいい感じになった。これでFirefoxのままでいけそうだ。

(附記その2 2008-01-21)

しばらく直ったような気がしていたが、どうもスクロールができたりできなかったり、あんまりあてにならない不安定な挙動を示すので、Elantechのドライバを取っ払うことにした。Elantechのドライバがなくてもスクロールはできるし、左右のマウスボタンなど、基本的な機能はOK。新たな問題が見つかるまで(笑)これでいくことにしよう。

(附記その3 2008-01-23)

やっぱり外付けマウスの方が使いやすいや、という結論に達し、mousewheel.withnokey.sysnumlinesもtrueに戻した。

(附記その4 2008-01-23)

また気が変わって、Elantechのドライバを入れなおした。「外付けマウスがついているときタッチパッドを無効にする」というオプションを使いたかったから。

つぎはマウスを買い換えたくなってきた。病気か。

2 Comments:

At 7:50 PM , Anonymous Taizo said...

MiniNoteを使うときは、ひざの上で使うことが多いのだが(昨日息子はふとんの上で遊んでいた)そうするとマウスを置く場所がない。
以前空中マウスがあったが、あーいう無線マウスっていいのは無いのかな。。。
やはりタッチパッドを調整して使いやすく&慣れるのがいいのかな、と面倒くさがり屋は考える。

 
At 10:10 PM , Blogger Tami said...

> やはりタッチパッドを調整して使いやすく&慣れるのがいいのかな、と面倒くさがり屋は考える。

たぶんそれしかないのだろうが、タッチバッドをいじりつづけていると、なんだか「コックリさん」をやっているような気がする。

タッチスクリーンのタブレットPCなら快適なんだろうか。

 

Post a Comment

Subscribe to Post Comments [Atom]

<< Home