20090430

Jake Shimabukuro in Raleigh



Progress Energy CenterでのJake Shimabukuroコンサートに行ってきた。いちおうウクレレ弾きのはしくれ(末端部分)として、これは見ておかなきゃいけないんじゃないだろうかとおもって、双眼鏡で指の動きを観察しようとしたが、なんであんなに早く弾いてまちがえないんだろうとか、なんであんなに指が開くんだろうとかロクな研究結果しか得られなかった。

わざと弦をミュートして、スクラッチノイズみたいなのを出して弾きまくる。わかっていたつもりだけど、実際に目の当たりにすると、あっけにとられて笑ってしまう。すごすぎ。家族は迷惑だろうが、おれもジェイクみたく演るぜ!とか、おもったり。

演奏がハイテンションなのに、曲のあいだの話がなごみ系でおもしろかった。ジェイクによると、ウクレレでコンサートツアーしていていいことは、お客さんの期待があまり高くない(ので気が楽な)ことだそうです(笑)。

あの有名な"Gently weeps"もYouTubeのセントラルパークのバージョンよりずっとよかった。アンコールは"Crazy G"。もうヤケクソ超高速弾き。

どうせちゃんとした写真は撮れないので、最後に一枚だけ撮ったのがこれ(ひどいな)。アンコールのあと手を振ってるジェイクです。
Posted by Picasa

Labels:

20090426

Eno River State Park

 
華氏90度を超える夏のような日曜日。子どもをつれて川に行ってきました。
Posted by Picasa

20090418

From the New World

約1通のリクエストにおこたえして、KORG DS-10で制作したはじめての作品を全世界大公開します。

でたらめに弾いて、「これは前衛音楽です」というのは小中学生のころからずいぶんやったので、今回はちゃんと打ち込みをやろうとはおもっていて、とりあえず手元にキヨシ小林さんの「ウクレレ・クラシック」の楽譜があったので、ドボルザークの「新世界から」を打ち込んでみました。
newworld.mp3

まぁ、これを聴いてから、DS-10のデモを聴くと、あまりのレベルの違いに一瞬でやる気がなくなりますが(笑)。

20090412

Nintendo DSi

そんなわけでDSiを買ってみた。日本未発売(?)のブルーのやつ。

いちばんやりたいのは「うごくメモ帳」だが、まだアメリカ版のDSiショップではダウンロードできないので、とりあえずDSiブラウザとか"Bird & Beans"(日本名「鳥とマメ」)を落としてきて遊んでいる。

この「鳥とマメ」はとても単純なゲームだがなかなかおもしろい。うちの愚息(兄)はこれをやるために自分もDSiがほしいといっているけれど、それはどうか、とはおもう。

DSiブラウザはいろんなレビューで書かれていたように、かなり快適だ。ちょっとニュースを読んだりするくらいなら楽勝。日本語入力はできない(たぶんアメリカ版だから?)でも日本語表示はばっちりOK。まぁ、やっぱり画面がDSiに最適化されていた方がいいので、Wiiのニュースチャンネルみたいなのができたらいいなぁ。今後に期待したい。

DSiは基本的にはDSにカメラとSDカードスロットがついたもの(まぁ、ゲームボーイのソフトは走らなくなったが)で、使っていると、ぼくが一時期凝っていたOLPC XO-1と似ているように感じた。ブラウザはあってもファイルシステムへのアクセスを許さなかったり、ソフトウェアのコンセプトもよく似ている。

DSiでメインストリームのゲームをするつもりはあまりないので、いろいろそれこそ教育向けのタイトルとか、変なソフトを試してみたい。とりあえずは、前から狙っていたKORG DS-10を注文してみた。たのしみ。

20090406

Free Cell and Nintendo DSi


ぼくの父方の祖父はよくトランプの一人遊びをやっていて、ぼくも(たぶん父経由で)遊び方を覚えたのだけれど、そのゲームはWindows 3.1に入ったソリティアだった。いまからおもうと、Windowsなんてぜんぜんないころからソリティアで暇つぶしをしていた祖父はなんともモダーンだった。

そんなわけでぼくもWindows 3.1のソリティアはさんざん遊んだのだけれど、その後のWindowsに入った同じようなゲームであるフリーセルはなぜかまったくやらなかった。理由はべつにない。もうこの手のゲームはいいや、とおもったのだろう。

しかし、このあいだカリフォルニアに行ったさい、飛行機の中でやることがなくなり、Eee PCに入ってるフリーセルでもやってみるか、とおもいたち、ヘルプの画面を読んでルールを覚え(どれほど暇だったのかご想像ください)、試行錯誤でやってるうちに、面白くなってきた。なにをいまさら、という声が聞こえてきそうだが。

この週末に家族にやらせてみたら、案外子どもたち(特に上の子ども)がよくできた。結構、難しいとおもうんだけれど。トランプのソリティアから数えたら4代目だから、血統かもしれない。

ところで、きのうはニンテンドーDSiのアメリカ発売日で、たぶん店の開店時で売り切れかとおもったけれど、午後Targetに入ってみたら、いっぱい棚に置いてあった。子どもの手前、ゲーム機を親が衝動買いするのはいかがなものかとおもって買わなかった。まだアメリカでは「うごメモ」がないらしいし。でも、べつにハードウェアが変わるわけじゃないから、いま買っておいてもいいかなとか。迷い中。

Posted by Picasa