20110729

Old Days

昨日、アメリカに無事帰ってきました。

日本にいる間、実家で古い荷物を整理していて見つかったものを紹介します。

なぜか靴箱の中から発見された、オリンパス・ペンF。ぼくが所有した最初のカメラ。フォーサーズのデジタル・ペンもいいけど、この花文字Fのカッコ良さには勝てないとおもう。ペンタックスがI-10で古いPENTAXロゴを使ったみたいに、デジタル・ペンもせめてこの"OLYMPUS-PEN"のロゴを使えばいいのに。

中学の卒業アルバムにあった文化祭の壁新聞。「原子力は今―続発する事故・見直される安全性」の記事は32年前にぼくが書いた(まぁ図書館とかにあった本の内容をまとめただけだが)。担任の先生は、「原子力の問題よりも、ぼくは平和教育が大事やとおもう」といっていた。当時の日教組はそういう方針だったんだろうな。

宝島はビートたけしロングインタビューが載っているこの1982年3月号以外はぜんぶ処分した。表紙のたけしが若い…バンドブームになるまえのこの雑誌は好きだった。

1985年リーグ優勝したときのスポーツ新聞。こんなことはもう一生ないかもしれないとおもい永久保存のつもりで買ったが、その後優勝することもあったし、だいたいぼく自身がタイガースファンでもなくなってしまったし、捨てようかとおもったが、なんとなくもうちょっと置いとくことにした。

20110724

Japanesque

休暇村近江八幡ロビー天井からぶらさがる人気ゆるキャラ、ひこにゃんと浅井三姉妹のだれか。

カラオケ・マンボに貼ってあったアヴリル・ラヴィーン(カタカナで書いてみました)のポスター。

実家近くの田んぼの真ん中にはドコモの中継塔が立ってました。

Posted by Picasa

20110720

Home Sweet Home

よりによって台風6号が関西地方にいちばん近づいていたころに日本に帰ってきました。3年ぶり。成田でなでしこに会えるかとおもったけど、むこうの方がちょっと到着が早かったみたい。

成田から伊丹に飛んで、伊丹からバスで京都に出て、アバンティの地下で最初に食べた夕食の写真です。

Posted by Picasa

20110716

Kiwaya KLS-2 Long Neck Soprano Ukulele


ぼくのいまのメイン・ウクレレ、Kiwaya KLS-2。コンサートスケールのロングネックのソプラノウクレレで、たぶん日本のフェイマスFLS-2とおなじじゃないかとおもう(くわしいことはよくわからず)。去年の暮れにHigh Strung Guitarでクリスマスソングをウクレレで弾いて歌おうという企画に行った時に、見つけて、次の日買いに行った。

それまでメインで使っていたOhana SK-35もかなりいい音がするのだけれど、やっぱりソプラノウクレレでソロを弾こうとすると難しいときがある。うまい人は問題なく弾けるわけだから、練習すればいいのだが、いろいろ考えて、ロングネックのソプラノあたりがぼくに一番合ってるのではなかろうか、とかおもった。

で、買って弾いてみて、いきなりちょっと後悔した。いい音を出すのが難しいのだ。問題ははじめに張ってある弦で、調べたところFremontのフルオロカーボン弦が張ってあって、これが普通の弦より細くて、表面がツルツルしていて、張力が強い。スケールが違うから簡単に比較できないけど、Ohana SK-35のAquila弦のほうがずっとかんたん。

ネットを見ると、弦を張り替えている人も多いようだ。でも、ナットの溝を太くしなきゃいけないらしいし、どうしたものかかんがえているうちに、だんだんFremont弦でいいか、とおもうようになった。ウクレレの弦としてはゴージャスで派手な音のするAquilaに比べて、Fremontは地味で素朴な音がするような気がするけど、それがこのKLS-2に合ってるのではなかろうか、と。

日本のFLS-2の弦はghsの黒弦だという話もあって、ほんとうにFremont弦なのか確信があるわけじゃないけど、どちらにせよ難しいのは変わらず。買って半年以上たって、最近ようやくそれなりに音が出るようになってきたようにおもう。

音がきれいに出るようになってくると、コア(合板だけど)のボディがよく鳴って気持ちがいい。またハワイに行く機会があったら、「一生モノ」のウクレレを買うかもしれないけれど、楽器と腕があまりにつりあわないのはみっともないので、しばらくはこれで練習です。

Posted by Picasa

Labels:

20110708

Ukulele free lesson by Yasuhiko Tsumura

ウクレレ関連の情報を検索していたら、津村泰彦さんという方が去年の夏ごろニコニコ動画にアップロードされた「けいおん!」のオープニングテーマの動画が出てきて、「けいおん!」についてはなにも知らないのであまり興味はなかったが、ちょっと見てみたら、めちゃくちゃうまかった。調べたら、80年代超売れっ子のギタリストだった方らしい。プロの凄みを感じた。

それで、津村さんのオフィシャル・ホームページというのを探して見て、中を見たら、ウクレレのフリーレッスンをはじめましたとある。ぼくもウクレレをはじめて3年たったものの、「永遠の初心者」を名乗っているくらいの腕なので、じゃあこういう最高級に上手い方のレッスンを受ければ多少はましになるんじゃなかろうか、とおもい覗いてみたら、これが「けいおん!」の演奏ビデオとはまた違った意味で凄い。

やたらとレッスンの進行が遅いのだ。レッスン1はただ弦を弾(はじ)くだけで16分のビデオ。レッスン2はただ弦を押さえるだけ(弾かない)で18分くらい。レッスン3でやっと弦を押さえて弾(はじ)く。

たぶん、たとえウクレレのような気楽に見える楽器でも、本当に上手くなるには弦を弾(はじ)くとか押さえるとかそういう基礎が完璧にできていないと駄目ですよ、ということなのだろう。

特にぼくが感銘を受けた「爪の目の法則」の回のビデオを貼り付けておきます。

Labels:

20110704

4th of July, 2011


行ったことがないのでどんなものかよくわからないのですが、UNCのフットボールスタジアムで毎年行われているという独立記念日の花火は、今年は資金難のため中止されることになっていて、新聞に賛否両論が出てました。

この雨では、いずれにせよ花火は無理でした。

Posted by Picasa