20140419

Dell Insprion E1705/9400 CPU Replacement

うちのPCでWindows XPが走っていた最後のマシン、Dell Inspiron E1705を同居人からもらったので、はじめはただHDDをSDDに変えてLinuxを入れるつもりだったのだけれど、どうせやるならCPUを換装して高速化したらいいんじゃないかとおもいついた。


 オリジナルのCPUはCore Duo T2250 @1.73GHzで、ベンチマークのサイトをしらべたら、773だという。このあいだFedora Linuxを入れたEee PC 1000HAのAtom N270 @1.6GHzのベンチマークが283だというのだから、そのままでも結構速い。

ソケットの関係上、一番速くするオプションは、Core2 Duo T7600 @2.33GHzで、ベンチマークが1318。あとのオプションは、Core2 Duo T7400 @2.16GHz(ベンチマーク1247)とCore2 Duo T7200 @2.00GHz(ベンチマーク1182)。

ちなみにいまメインで使っているSamsungのラップトップのAMD A6-3402M APUのベンチマークが2094なので、いまどきのマシンには絶対勝てない。しょせん遊びですな。

eBayで調べると、T7600が$55くらいだったのだけれど、ベンチマークの値からしてパフォーマンス的にはT7200とそんなにも変わらないような感じなので、安いT7200で行くことにした。もちろん中古で$15.55。あとCPUとヒートシンクの間につけるグリースみたいなのも買って、それが$4.55。SSDは新品(Crucial m500 120GB)$74.99、あとキーボードがよれていたので交換することにして、それが$12.55。合計$107.64。SSDは飽きたら別のマシンに使ってもいいから、こんなもんでよしとしよう。


で、週末になったのでプロジェクト開始。まずはCPU換装前のBIOSの表示。


キーボードとパームレストを外したところ。左上にあるのがCPU。右上はビデオ(ATI Radeon X1400)。分解するさい、このページとこのビデオを参考にしました。


ヒートシンクとCPU(換装前)。


 CPU換装後。いかにも中古、という感じですな。


で、また組みなおして、BIOS画面へ…よし、成功!


そのあと最新のUbuntu 14.04 LTS (64-bit)を入れてみて、なんの問題もなく動きました。


OSから何からぜんぶ一度に換えたので、CPU換装の効果がどの程度だったのかは正直よくわからなかったのですが、個人的には大きな満足を得た一日でした。

20140411

Fedora Xfce Spin

Windows XPのサポートがなくなったので、予定通りEee PC 1000HAにLinuxを入れてみた。どのディストリビューションにするかすこし迷ったけど、慣れてるRed Hat系でしかも軽さ重視で、Fedora Xfce Spin にした。

どうせならハードディスクもSSDにすることにして、Crucial m500 120GBを購入。アマゾンで$74.99。たしか3年くらい前、Crucial m4の同じくらいの容量のSSDを買ったときは$200以上したような気がする。安くなったなぁ。

インストレーションの手順は、

  • まずハードディスクをSSDに換装。
  • USBメモリでSSDのファームウェアを最新のものにアップグレード。
  • またUSBメモリでFedora Xfce Spinをインストール。この際、30GBくらいAndoroid用に残しておく。
  • またしてもUSBメモリでAndroid-x86 4.4 RC1をインストール。この際、GRUBのインストールはせず、あとでFedoraを立ち上げて、エディタで/boot/grub2/grub.cfgを編集(このサイトをみました)。
  • スーパーユーザーでyum updateしてFedoraを最新にして(Yum Extenderはうまく動かなかった)、あと日本語フォントを入れたり、Chromeを入れたり

という感じでした。

Android-x86とFedora Xfce Spinをくらべると、Androidの方がずっとモダーンな感じはしますが、Eee PCで使っていて快適なのは、古臭いFedora Xfce Spinです。たぶんEee PCの画面が粗いのとグラフィックスが非力なのが原因なんだとおもいます。

逆に言うと、画面がそこそこ精細でいまどきのグラフィックスチップさえ載っていれば、Androidのラップトップというのはけっこうアリなんじゃないかとおもう。Chromebookなんかより面白そう。Lenovo IdeaPad A10みたいなマシンに急に興味がわいてきました。

20140409

Tissot Couturier Chronograph


林望さんはカシオのデジタルウォッチをつかっているというのをまえに読んだこともあって、腕時計なんかにお金を掛けるのはあんまりカッコよくないのではなかろうかとおもっていたのですが、会社の勤続25周年の記念品カタログを見ていて、なんか電気で動くものを記念品にもらうのもどうかとおもったし、一生に一個くらいそれなりに高い時計を持っていてもいいか、と考えをあらためてこのTissotのクロノグラフをもらいました。たぶんAmazon.comのこれと同じ。$1000以上するんですな。

わたしの貧弱な腕ではなんか時計ばかり目立ってバランス的にかなりイマイチ感がありますが、この重みは新鮮で、自動巻きだから使わなきゃ止まってしまうので、しばらくは毎日使ってみるつもりです。

20140406

Threes! on Eee PC 1000HA running Android-x86 4.4 RC1

最近ヒマなときにやってる(やりすぎてる)ゲーム"Threes!"を、Android-x86 4.4 RC1+Eee PC 1000HAで動かしてみました。Android-x86はUSBメモリからブートしてます。

あたかもちゃんと動いているように見えますが、じつはちょっとインチキで、このゲーム終了の画面から先に行けません。画面をSwipeしろというのですが、Swipeができない(このゲーム終了画面までは、カーソルキーとEscキーで何とかなる)。カーソルキーでThrees!をやるのは、Nexus 7でやるよりも快適で、このゲーム終了スクリーンさえなんとかなれば、Eee PCをThrees専用機にしてもいいとおもったくらい(Threes!中毒)。

前にもPCでアンドロイドを動かしたことがありますが、このAndroid-x86 4.4 RC1はそれに比べるとかなり進化してます。まだフォントやアイコンの位置がおかしかったりするものの、Eee PC 1000HAで動かした場合、WiFiも内蔵カメラもなにもいじらなくてもスムーズに動作しました。

もうすぐWindows XPのサポートが切れるのでEee PCはLinuxマシンにするつもりでしたが、Androidとのデュアルブートにすることになりそうです。

Labels: , , , , , ,

20140404

Alcatraz


アルカトラズ島は脱出不可能な監獄と言われていたそうで、もちろん鉄格子のある監獄の建物が観光のメインなんですが、そういう歴史的な重要性よりもただまわりの風景がきれいなのが印象的でした。

なんとなく昔のゲーム"MYST"の舞台になった島をおもいだしました(←サーチして調べてみたけど、それほどは似てない)。





20140403

Golden Gate Bridge



子どもの春休みにサンフランシスコに行き、Golden Gate Bridgeを歩いて渡ってきました。

橋のたもとまでは"Muni"のバスで行きました。Muniというのはサンフランシスコの公共交通機関のひとつで、ケーブルカーとトロリーバスと普通のバスと路面電車と地下鉄を走らせているらしく、ボストンの"T"みたいなものみたい。家族には内緒ですが(笑)、今回地下鉄だけは乗れなかったのがちょっと残念。

とてもいい天気でしたが、歩き始めたころ(朝9時くらい)はけっこう寒かったです。往復だいたい5キロほどで、1時間くらい掛かり、あとの方は身体もあたたまってきました。

下は橋から見たサンフランシスコのダウンタウン。写真の左側の島はむかし監獄があったアルカトラズ島です。 アルカトラズ島にも行ったので、またべつにポストしたいとおもいます。