20180107

Pixel 2 Screen Protector

電話が新しくなった(Pixel 2)ので、とりあえずスクリーンプロテクターを買おうとおもった。 

ぼくはiPad Proはプロテクターなしで使っているけれど、やっぱり電話はケースから出し入れしたりすることが多いので、まぁ付けておいたほうが無難かとかんがえた。 

これまでの電話(Nexus 5x)ではガラスのプロテクターを使っていて満足だったから、今回もガラス製をまずかんがえたけど、Pixel 2は画面の端が微妙にカーブしていて、ガラス製のプロテクターだと浮いてしまうというのを読んで、ガラス製でいかんのかなぁとおもいはじめた。 

そのうち、どうもAmazon.comのレビューが信用できないらしいことがわかってきた。200以上レビューがあってすべて5つ星のような場合、たいてい自作自演みたいだ。昔は自作自演も2−3レビューだったりしたが、最近では数個のレビューでは信用されないということがわかったみたいで、数百個レビューを上げるという手法に変わったらしい。

そうなると、レビューを読む方も、あまりたくさん5つ星レビューがあるのはおかしいというアタマでレビューを読むようになる。5つ星満点より、4星半だがちゃんと具体的な減点の理由が書いてあるレビュー(複数個)がある製品を選ぶべきなのではなかろうか、とか。 

ずっとこういうのをやってると、どれが偽のレビューでどれが本物かすこしずつわかるようになってくる。しかし、たとえ本物のレビューであっても、自分とはぜんぜん価値観がちがうひとが書いている場合もあり、そういう場合はそのレビューを除いて製品を評価する必要がある。 あと発送の不手際のせいで低い点をつけるやつとか。そうやってレビューをまたいちいち再評価していると、こういう手間を省くためにレビューのシステムがあるんじゃないかとおもうが、AIの裏をかくために人間が知恵を絞った結果、こういうアホな状況が生まれたのだろう。

なんにせよ、やってるとえらく時間が掛ることはだけは確か。でも、いちばんレビューの点数が高いやつをクリックすればOKという素朴な時代はもう終わってしまったのだということは実感できる。

 それで、何時間も貴重な休みを浪費したあと結局買ったのがこのGoogle Pixel 2 Screen Protector (Case Friendly)[2-Pack], Skinomi TechSkin Full Coverage Clear HD Anti-Bubble Film Easy Install Screen Protector for Google Pixel 2で、3個半しか星がついていないけど、しょせん電話に一枚薄皮を貼るだけなんだから、そこそこのものだったらなんでもいいやという気分になったのである。

湿式のプロテクターを貼るのは初めてで、うまくいくか不安だったし、貼ったあと一晩以上放置しろという説明で、本当に放置したらちゃんとプロテクターがくっつくのか疑問だったが、うまくいった。

でも、今確認したら、右下端の部分が浮いている。レビューの見すぎで疲れて、実際に貼る際のプロテクターの位置調整まで気がまわらなかったみたいだ。

Labels: , , ,

0 Comments:

Post a Comment

Subscribe to Post Comments [Atom]

<< Home